読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKATSUJI BLOG

たかつじが がんばるブログ

オカシなワークショップ

「オカシなワークショップ」

 

f:id:taka2ji:20170301182939j:plain

 

主催成安造形大学 総合領域

開催場所:A105(成安造形大学 オープンキャンパス開催時)

ターゲットオープンキャンパスに来た受験生、学生(在校生以外)

ねらい成安造形大学 総合領域ではモノとコトをつなぎより良い商品やサービスを作り出すためのマネジメントやプロデュースを学びます。
その中で、重要視されているUX(UXとはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略で、「人が物やサービスを通じて得られる経験や体験など)をわかりやすく伝えること。

 

ワークショップ概要

UXを語る上で重要なものの1つが、ペルソナです。商品開発のプロセスを簡略化し、ペルソナを設定して、既存のお菓子のパーツを組み合わせ一つのお菓子を企画し制作するというワークショップです。

 

課題

くじを引いてペルソナを決定し、その人に向けたお菓子を作成しなさい。

なお、販売場所はコンビニで、価格は限定しないものとする。

 

 

手順

1.年代、性別、趣味嗜好の三つのボックスからくじを引き、それを組み合わせたペルソナを作る。

(自分が欲しいだけのもの、ではないものを作成することを学ぶ。自分からかけ離れた存在に向けてどう対応していくかを考えさせる。くじという偶然性を入れることで楽しさをプラスする。)

2.そのペルソナをターゲットシートに書き込み、その他の情報を自分なりに書き込み、ペルソナを完成させる。

3.実際にお菓子を組み合わせて、ペルソナの好みそうなお菓子を作成する。

4.チェキで撮影して、ターゲットシートに貼り付ける。

5.実際にそのお菓子を食べ、感想をターゲットシートに記入し、完成。

6.スタッフがターゲットシートをスキャンをして、原本は持ち帰ってもらう。

 

準備物

ターゲットシート

f:id:taka2ji:20170331132056p:plain    f:id:taka2ji:20170331132053p:plain

 

その他は写真がないのでなよなよイラストでごらんください。

f:id:taka2ji:20170331153223j:plain

女子が多いかなと思っていたので、タイガーで紙皿など買いましたがなかなか楽しげになったかなと思います。

 

f:id:taka2ji:20170331132027p:plain f:id:taka2ji:20170331132025p:plain

ペルソナヒントパネルと手順パネル

 

機材関係はなくてもいいのかもしれませんが一応載せておきます。

f:id:taka2ji:20170331154208j:plain

 

実際にやっていたところの記録です。

高校生が体験していたので、肖像権の問題などあるかと思い多くの掲載は控えます。

写っているマヨネーズや、ケチャップは使わなかったです。

f:id:taka2ji:20170331155231p:plain

 

このワークショップの著作権はたかつじにあります。

もし、このワークショップを行いたい場合は

taka2ji.yu2kiあっとまーくgmail.comまでご一報下さると嬉しいです。

書き漏れた注意点などありますので、お伝えします。

 

 

 

 

 企画運営:たかつじ

デザイン協力:和田なづ菜